http://www.philosophers-today.com/hibi-kouhyou.html
半年程度のやや長めのスパンの高値圏で横ばい状態になっていて、その後窓を開けて暴落している株は要注意です。
http://www.crh-sete.org/hibikouhyou.html
機関投資家が一斉に投機売りを仕掛けてくる可能性があり、個人投資家の大量の損切り売りが誘発されることがあります。
http://kabukacharts.com/zoutannpo.html
小型株は流動性が低いので、需給が悪化するととたんにリバウンドもほとんどせずに下がり続けることがあるのです。
http://www.greatlakesurfing.com/loan.html


BLOG About Products Walk & Ride Showcase Licensing Contact & Team Imprint
値動きの激しい株     株主優待     貸し株の金利     貸借倍率    

株主優待が充実している株でサヤ取りする

配当金の利回りが4%以上ある株は日経平均株価の暴落で連動して下がっても買われやすいという特徴があるため、下値リスクが少ないと考える投資家も多いです。
株主優待が手厚い銘柄は権利落ち後の株価の回復が早く、値幅取りにも適している場合があります。 上のチャートは日本板硝子の時系列推移です。 ファンダメンタルズ悪化で下値不安が強まっている局面は、押し目買いが入らずズルズルと下げ続けます。